鳩撃退を依頼するならアフターフォローが付いている業者を選ぼう

鳩への餌付け行為は近隣住人へ被害をもたらす 鳩への餌付け行為は近隣住人へ被害をもたらす

駆除業者が行う鳩撃退方法とは?~隣人トラブルを悪化させない~

鳩による隣人トラブルは、自分たちで解決しにくい問題です。そのため、鳩撃退業者に依頼をして、健康被害を受けないように対策しましょう。

充実したサービス

鳩撃退をする業者は、アフターフォローなどのサービスを提供しています。しかし、業者によって、このサービスを行なっていないところもあるので、業者選びをする際は気をつけましょう。アフターフォローは鳩撃退後に、鳩による被害が再発した時に利用できるサービスです。アフターフォロー期間内であれば、鳩撃退を無料で行なってくれます。

鳩撃退後でもしておくべきこと

鳩は適当に場所を選んで、巣作りをするわけではありません。ちゃんと安全で住みやすい場所かどうかを確認してから、巣作りを始めるのです。

鳩が嫌うような家作り

要らないものはベランダに置かない
物が散乱し、散らかったベランダは鳩にとっては良い場所に見えてしまいます。特に、冬専用のタイヤや不要なタイヤなどをベランダに置いているのであれば、すぐに違う場所に移しておきましょう。というのも、鳩は車のタイヤを好む傾向にあり、巣を作ろうと寄ってくる恐れがあるからです。
人間の気配を感じさせるようにする
鳩は人気のない場所を好み、巣を作る場所を決めます。ですから、もしベランダにまったく出ないのであれば、要注意です。ベランダに人が出ないということは、鳩にとって人気のない場所となってしまいます。そう思わせないためにも、ベランダには頻繁に出るようにしましょう。
常にベランダをキレイにしておく
ベランダは、鳩に狙われやすいポイントとして代表的な場所です。もし、鳩の糞がベランダに落ちていたら警戒を強めるようにしましょう。ちなみに、鳩は糞を使って安全確認をしています。ですから糞がずっと残っていれば、そこは安全だということになってしまうのです。そう判断させないためにも、すぐに鳩の糞は片付けるようにしてください。

鳩の繫殖力を侮ってはなりません

鳩の繁殖力は結構高いです。場合によっては、一年中卵を生み続けることもあります。ですから、鳩が巣を作った段階で、鳩撃退をして数が増えるのを阻止しましょう。

TOPボタン