鳩撃退を行なう業者なら二次被害も防ぐことができる

鳩への餌付け行為は近隣住人へ被害をもたらす 鳩への餌付け行為は近隣住人へ被害をもたらす

鳩を傷付けちゃダメ~手に負えない状況なら業者に任せるのが1番~

鳩に対して怒りを覚える人も少なくありません。ですが、いくら腹が立ったからといっても、安易に鳩を傷つけようなどとは思わないようにしましょう。

頭にきたからって傷付けちゃダメ

鳩はしつこい性格をしています。ですから、何度追い払ってもすぐに戻ってきます。鳩のこのような行為をみて、バカにされている気分になる人もいるでしょう。しかし、頭にきたからといって、直接傷つけるようなことはしないように注意してください。というのも、鳩は鳥獣保護法という法律で守られており、傷つけることを禁止されているからです。もし、故意的に傷つけるということがあれば、法律に触れることになります。

鳩撃退であれば業者に任せる

隣人トラブルになっている鳩の巣は業者に依頼しましょう(30代/男性)

マンションで隣人が鳩に餌付けをするというケースがあります。このような場合は、自分ではどうすることもできないことでしょう。また、隣人へ注意しに行ったとしても、相手の性格次第では話にもならないことがあります。また、話が通じそうな相手であっても鳩に愛着が湧いてしまい、簡単には巣を駆除しないという可能性も考えられるのです。ですから、この問題を解決するためには鳩撃退を専門とする業者に依頼する方が良いでしょう。鳩撃退を行なってくれる業者は二次被害の対策をしてくれるので、こちらへ被害が及ばないようにしてくれます。

勝手な判断で起きてしまうトラブル

飛んでいる鳩

鳥獣保護法によって鳩は身の安全が守られています。ですから、人が鳩を傷つけることはまずないでしょう。しかし、直接傷つけさえしなければ、何をしてもいいというわけではありません。過度な威嚇行為をするだけでも違法になります。また意図的に鳩を弱らせるようなことも、違法となる可能性があるので気をつけましょう。もし、ベランダに卵がある場合は、勝手に移動させることや傷つけることが禁止になっているので、触らないようにしてください。

TOPボタン